薄毛でいじられるのは勘弁!若ハゲに悩むメンズの苦悩と対策!

薄毛でいじられるのは勘弁!若ハゲに悩むメンズの苦悩と対策!

薄毛・ハゲが原因でイジメに悩む人の書き込み
薄毛・ハゲが原因でイジメに悩む人の書き込み2
薄毛・ハゲが原因でイジメに悩む人の書き込み3

薄毛が原因でイジメにあっている人って結構多いです。

イジメとイジられるの違いで議論されることがありますが、薄毛を気にしている人にしてみたらどちらも耐え難い苦痛=イジメです。

薄毛いじめ、許すまじ。

今日はそんな薄毛で周囲の人から色々言われて苦しんでいる人への対策をまとめたいと思います。
薄毛でいじられる人とそうではない人の違いは、いったいどこにあるのか。
そこに悩みを解決するためのヒントがあるのです。
時には自分から変わる努力も必要ですが、そのために役立つ情報を紹介していきます。

薄毛でイジメ?薄毛でイジメにあった人は少なくない

薄毛の人がいても全く気にしないという人もいれば、そこを積極的にいじってくる人もいます。
実際、薄毛のことをからかわれて、自殺を考えるほど苦しんでいる方がいるというのは、知恵袋を見ればわかります。

特に薄毛でからかわれやすいのは10代から20代前半。
元々薄毛体質である場合や、若ハゲの方は他人からの指摘を受けやすく、それを苦にしやすい傾向があります。
逆に30代を越えてしまえば、周りに薄毛やM字ハゲで悩む人達が増えてくるので、共感があっても薄毛が原因でいじめにあうということは少なくなる傾向にあります。

薄毛はいじられやすい?

薄毛はわかりやすい特徴であり、テレビで芸人さんが笑いのネタにしていることもあり、からかいの対象になりがちです。

また、本人はどんなに気にしていても、笑顔で返してしまうと言う方は「アイツは特に気にしていない」と感じて、何度も同じことを言ったり、さらにエスカレートしてくることも。

女性であれば、薄毛は男性よりも深刻度が高まるため、よほど意地悪な人でなければからかいのネタにしにくい傾向がありますが、それでも悩む女性も多いです。

ちなみに薄毛の中でも「乏毛症」「無毛症」というのはれっきとした病気です。
日本では1万~2万人に1人と数が少ないですが、ただの薄毛ではない人もいるというのは理解すべきだと言えます。

薄毛でもカッコイイ人はたくさんいる!

男性の場合、薄毛の人でも、カッコイイと評価されている人はたくさんいます。
芸能人でいえば渡辺謙さんや市川海老蔵さん、竹中直人さんなんかも薄毛(生え際の後退など)が目立っていますが、薄毛だからかっこ悪いと言う人はごく少数なのではないでしょうか?

また、髪型で薄毛を目立たなくする方法もあります。

薄毛なんてどうでもいいと感じさせる生き方をする人もいます。

薄毛を持ち味に変えてしまう人もいます。

若い頃の薄毛は気にする人も多いですが、逆境を乗り越えてたくましくなる材料だと思えたらそれはそれだけでかっこいいと思います。

薄毛を克服して今よりも素敵な自分になろう

薄毛は目につきやすい身体の特徴だと言えます。
その分からかいのネタになることも少なくありません。

若い頃は薄毛で悩む人が圧倒的に少ないため、共感が得られず孤立してしまう人もいます。
このようなストレスがさらに薄毛を招く恐れだってあるのです。

薄毛をからかっていると自覚がある人は今すぐやめてください。
そして、薄毛をからかわれた人はいつかそれ以外でその人を見返してください。

自分の力ではどうにもならない薄毛という部分で人をからかうのはやめましょう。