まずは生え際に産毛を増やそう!放置すると二度と生えない毛根になる?

まずは生え際に産毛を増やそう!放置すると二度と生えない毛根になる?

髪の生え際に産毛が生えていると、見た目があまり良くないと考えてしまう人もいます。
だけどこの産毛は、時に重要な役割を果たしてくれるものなのです。

もしかしたら生え際が後退しているのかもしれないと思っている人や、M字ハゲになりつつある人は、生え際の産毛を大切にする必要があります。

一見するとそれほど重要な役割を持っていないように見える産毛ですが、なぜ薄毛が気になる人にとって重要なのか。
その秘密に迫っていきます。

また、薄毛やM字ハゲの人にとっても気になる情報をまとめていくので、今は大丈夫でも将来的になるかもしれないと不安を感じている人はぜひチェックしてみてください。

産毛がなくなってから後悔することがないようにしましょう。

生え際が薄くなった気がしない?

何だか生え際が薄くなった気がしない?
なんだか生え際が薄くなってきた気がする―。
こう思えるようになった場合は、生え際に産毛が増えている可能性があります。

産毛とは、赤ちゃんなどに生える薄くて柔らかい毛のことで、普通に成長した毛に比べるとかなり弱々しい印象を受けます。
そのため、産毛が密集した場所は、普通の毛が生えている場所に比べて例え毛の本数が一緒だとしても薄く見えてしまうのです。

元々髪が細い性質を持っている人もいますが、それでも本来は産毛ほど細くはありません。
それでは、なぜ産毛が増えてしまうのでしょうか。
これは、髪がしっかりと栄養を補給できずに成長しきれないからです。

産毛だけになっている場合、AGAによりヘアサイクルが極端に短くなっている可能性があります!

しかし、これには逆の見方もできます。
もしも産毛すら生えていない状態で生え際が後退していたら、新しく髪が生えてくることなく、どんどん後退していく前兆ともとれます。
いわば、毛根が死んでしまった状態です。
こうなってはもう植毛かカツラしか手段はありません。

どんなに効果の高い育毛剤や薬であっても基本は「毛根が生きていることが前提」です。
そういう意味では発毛の可能性はゼロではないと言えるでしょう。

薄毛のオット
産毛は希望の光でもある!!!
 

産毛の有無だけで、いろいろな情報を読み取ることができるのです。

M字ハゲ、後退の前兆?生え際のセルフチェック!

M字ハゲ
M字ハゲになりそうだと焦っている人や、最近になって生え際が気になってきたという人は、産毛が生えているのかをチェックしてみてください。

もしもそこに産毛が生えているなら、そこから成長させていける余地はあります。
なぜ産毛になってしまっているのか原因が分かれば、それに対処することで元気な髪を増やせる可能性は十分にあるのです。

まずは成長させることのできる産毛を増やすことを考えていきましょう。
普段はなんとなく見ている生え際ですが、よくチェックしてみるとこれから自分が何をするべきなのかが見えてきます。

まだまだ大丈夫だと思っているときが危険なので、髪を大切にしていきたいなら生え際の状態をセルフチェックしていきましょう。

生え際からはじまる薄毛の特徴とは

生え際から始まる薄毛の特徴
薄毛になるということで多くの人が思い浮かべるものとして、AGAがあります。
その特徴の一つが頭頂部が薄毛になるというものですが、もう一つの特徴として生え際の後退があるのです。

普段からしっかりとチェックしている人なら、生え際に異変が起きたときにはすぐに気づけます。
しかし、そこまでチェックをしていない人は、生え際の状態を見ることから始めてください。

もしも産毛を見つけた場合、気持ちが落ち込んでしまうかもしれません。
しかし、その時点ではまだ遅くありません。
見つけた産毛をそのまま失ってしまうのか、それともそこから成長させていけるのかは自分次第です。

生え際から薄毛が始まる場合、そこには産毛があります。
重要なのは、そこからどうするのかです。

薄毛の放置は危険!二度と生えない毛根になるかも

薄毛の放置は危険
薄毛になった状態を放置してしまうと、症状がそのまま進行するだけです。
そのままにしていくと抜け毛がどんどん増えていき、最終的には毛根の細胞が死滅してしまうリスクがあります。

ヘアサイクルが乱れてしまい、髪が成長しきれない状態が薄毛の原因です。
その髪が弱っている状態で何もしないのは、病気になっても治療を受けず何もしないのと同じようなことと言えます。
そして最終的には、二度と生えない毛根となってしまうでしょう。

「まだ大丈夫なはず」と考えてしまう人もいますが、それは問題を先送りしているだけです。
若い頃、特に30代の薄毛ならまだできることはたくさんあります。
薄毛になったからといって諦めず、最悪の事態へ陥る前に見つけられたと前向きに考えましょう。

薄毛の始まりに取り入れたい発毛対策

薄毛の始まりに取り入れたい対策とは

薄毛になってしまった場合は、いったいどうすれば良いのか。
そのための発毛対策について紹介をしていきます。

重要なのは、毛母細胞や髪自体に栄養を行き渡らせることです。
頭皮マッサージを行って血行を促進し、自分の頭皮に合わせたシャンプーを使って余計な刺激を与えないようにしましょう。
そして、ダイレクトに栄養を与えられる育毛剤の使用についても考えてみてください。

これらの方法を取り入れることによって、薄毛を改善できる可能性が高くなります。
後退していた場所に産毛が生えてくるようになったら、そこから成長させていきましょう。
そのための方法も、先に書いた発毛対策と同じです。

髪の問題に近道はなく、地道に進めていく必要があります。
その第一歩が、産毛を増やしていくことなのです。

産毛が無い場所に髪は生えない!
ヘアサイクルを整えて最終的には太く成長した髪の毛にしてあげましょう!
薄毛のオット
がんばります!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。