頭皮マッサージのやり方~1日3分でOKの薄毛対策マッサージ法

頭皮マッサージのやり方~1日3分でOKの薄毛対策マッサージ法

薄毛対策のセルフケアとして毎日行うべきなのが「頭皮マッサージ」です。
ここでは薄毛対策として、効果的な頭皮マッサージのやり方を図解付きで詳しく説明します。

頭皮マッサージを始める前の準備

  1. 爪を短く切りましょう
  2. 手を温かくしておきましょう

頭皮に傷をつけないように、爪は短く切っておきます。
また、温かい手でマッサージすると、頭皮の毛細血管が収縮せずに血行促進が期待できます。

正しい頭皮マッサージのやり方

それでは具体的に頭皮のマッサージ方法を見ていきましょう。
ここでは育毛剤で人気No1のチャップアップで指導している頭皮マッサージをご紹介します。

こめかみをほぐす

こめかみをほぐす
両面のこめかみに手のひらの親指の付け根の部分を当て、目を吊り上げるようにして押し上げます。

こめかみを回す
目を吊り上げた状態で、さらに押し上げるような感じでこめかみ辺りを回します。

memo
こめかみがほぐれてくると、頭全体の血行が良くなってきます。

首筋を押し上げる

首筋を押し上げる
頭の後ろで手を組み、両方の親指で首の付け根部分を押し付けます。

後頭部をマッサージ
続いて組んだ手をほどき、10本の指先で後頭部を包み込むようにして親指を少しずつずらしながら押します。

memo
頭を支える首筋のコリがほぐれてくると、頭部全体の血行が改善されます。

百会のツボを押す

百会のツボをおす
頭のてっぺんで両手を組み、親指で頭頂部のくぼみ(百会)のツボを探ります。

片方の親指の第一関節部分で百会を真下へ向かって押し付けます。

memo
体全体のエネルギーが集まる百会のツボを押すと、頭だけでなく体全体がリラックスします。

1回のマッサージはこれを3分ほどでOKです。

マッサージはいつ行ったら効果的か?

頭部マッサージは一体いつが効果的なのでしょうか。
おすすめは夜寝る前と、起床時。

一日を通して、体を動かす日中は血流が一番よくなります。
しかし、就寝前や起床時は血圧が最も下がり、血流も滞りがち。

このタイミングでマッサージを行うのが効果的です。

また、上記のタイミングだけではなく、リフレッシュとして、テレビを見ながら、ちょっとした空き時間でマッサージをするのがおすすめです。

入浴中は頭皮マッサージはするの?

入浴は体全体の血流が良くなり、シャンプーの際、頭部を刺激することで、頭の血流も改善するチャンス。
しかし、シャンプーを付けた状態で長時間マッサージするのはおすすめできません。
長い間、洗浄成分に触れていると必要な皮脂も奪われ、頭皮は乾燥しがち。

入浴中のマッサージはシャンプーを付ける前にするのがおすすめ
入浴中など体が温まったタイミングで上記のマッサージを実践してみましょう。

また洗髪後、育毛剤を塗布した後で1分ほどマッサージをすると、育毛剤の浸透がスムーズになり、効果的です。

おすすめの育毛剤は?

おすすめの育毛剤は?
薄毛が気になってきた段階で、育毛剤を使おうと考える方も多いと思います。
しかし、数ある育毛剤の中から一体どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

もし、育毛剤選びで迷ったのなら試して欲しいのが「チャップアップ」です。
多くの口コミで紹介され、何度か目にしたこともあるかもしれませんが、我が家の夫もチャップアップを使用し、薄毛が改善しつつあります。

贅沢にも育毛に効果があるとされる天然成分55種類とアミノ酸15種類が配合された育毛剤。
厚生労働省が育毛に効果があると認定したセンブリエキス配合で医薬部外品に位置づけられています。

チャップアップの公式サイトへ

チャップアップの詳細をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ↓

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。