生え際の乾燥はハゲの初期段階?頭皮の乾燥対策でハゲ・薄毛予防!

生え際の乾燥はハゲの初期段階?頭皮の乾燥対策でハゲ・薄毛予防!

髪の毛の悩みを抱えている人、今は大丈夫でも将来が心配だという人など、髪の心配をしている人はたくさんいます。
そんな中、ハゲになるかもしれないと不安に思っている人の中で気になることの一つが、生え際が乾燥した場合はどうなのかということでしょう。

ハゲにも色々なパターンはありますが、その中の一つに生え際がどんどん後退していくものがあり、気づいたときにはかなり進行していたということもあるのです。
もしもハゲの予兆が見つかれば、その時点から対策をすることで進行を遅らせられる可能性もあります。

それでは、生え際が乾燥している場合は、ハゲの兆候があると判断して良いのでしょうか。
そんなハゲが気になる人のための情報を紹介していきます。

生え際の乾燥とハゲに因果関係はある?

もしも生え際が乾燥してきたと自覚している人は要注意です。
生え際の乾燥とハゲには因果関係が認められているため、そのままにしておくとハゲが進行してしまう可能性は十分にあります。

これは生え際に限った話ではありませんが、頭皮が乾燥すること自体がハゲにつながってしまうためです。
元々問題なかった人が生え際の乾燥を意識するということは、これまでとは生え際の状態が変わってきていることになります。

見た目には全く違いが感じられなくても、触ってみると乾燥しているような印象を受けた場合は、自分の生え際に危機が迫っている状態だと考えてください。

ここでポイントになるのは、そもそもなぜ乾燥してしまっているのかです。

頭皮が乾燥する時に起こっていると考えれるのは2つ。

1.頭皮の血流が悪くなっている
2.頭皮の角質層に水分がとどまれなくなっている

それではこの2つについて詳しく解説していきます。

頭皮の血流が悪くなっている原因とは

頭皮の血流が悪くなる原因にも複数あります。

その中でも多いのが「ストレス」によるものです。
人はストレスを感じると交感神経が優位に働きます。

交感神経は対になる自律神経の1種。
リラックスすると副交感神経が優位となり、興奮状態になると交感神経が優位となります。

副交感神経が優位になった時、体は筋肉がゆるみ、血管は拡張します。
そのため、末端まで血液が流れ、血圧は低くなります。
人がぐっすりと眠れるのはリラックス神経である副交感神経が優位になるためです。

しかし反対に、仕事や運動などで機敏な対応を迫られる場合、今度は交感神経が優位になります。
これにより、筋肉がギュッと収縮しいつでも走り出せるモードに。
心拍が上がり、末端の血管が閉じて体の中心部と脳への血流量を増やします。
結果、血圧が上昇。
アドレナリンが分泌されて、臨戦モードへと突入します。
極端に言うと、これが交感神経優位の状態です。
自律神経と薄毛の関係

人はこの2つの自律神経を交互に使ってリラックスと興奮のバランスを取っています。
しかし、常にストレス状況に晒されていると、体は副交感神経が働きにくくなり、常に交感神経優位となってきます。

交感神経は末端の血流を閉ざし、体中心部の血流量を増やす働きをするため、結果的に頭皮の血流量は低下します。
血流量が減ることで、髪の毛を育てるのに必要な栄養素や酸素が十分に供給できず、脱毛へと繋がってしまうのです。

頭皮の角質層に水分が留まれなくなっている原因とは

頭皮の角質層に水分が留まれなくなっている原因として角質に水分を閉じ込めるための保水成分が減少した可能性があります。

これは角質と角質を繋ぐ「細胞間脂質」と呼ばれるものです。
細胞間脂質のおよそ50%はセラミドが占めています。

しかしこのセラミドは年齢とともに減少する傾向にあります。
セラミドが減った角質では水分を閉じ込めることができずに乾燥しやすくなってしまうのです。

生え際が乾燥する原因は?

どうして生え際が乾燥してしまうのか。
実は見た目には生え際が乾燥している場合、頭皮全体に乾燥が及んでいる可能性があると知りましょう。

生え際はおでことの境目で目に見えて乾燥を実感することができますが、毛で覆われている頭皮の乾燥はなかなか気づけません。
このような意味で、生え際は頭皮環境を知るバロメーターだと認識してください。

生え際の乾燥で起こる症状

生え際が乾燥してしまうと、刺激に対して敏感になります。
そうなると出てくるのが痒みです。
まず、この痒みが出てきた段階で、生え際は乾燥していているかもしれないと自覚するようにしてください。

痒みが出てきたら、そのまま掻いてしまう人もたくさんいます。
意識していても掻いているだけでなく、無意識のうちに掻いてしまっている場合もあるのです。
そして掻くことによって生え際はさらにダメージを負ってしまい、傷ができると炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。

また、フケが目立つようになってきたらそれは乾燥のサインでもあります。
見た目でテカテカと乾燥により肌が光ってしまう意外にもこのような痒みやフケがあれば、頭皮の乾燥対策を始めるようにしましょう。

生え際のダメージが大きくなり乾燥した状態になると、フケが出てくることもあります。
これは乾燥によって表皮がめくれやすくなっていることが原因です。
もしもフケが出ているとわかったら、すぐにでも以下のような対策をするようにしてください。

頭皮の血流を改善する方法

頭皮の血流を改善するためには、頭皮マッサージが効果的です。
シャンプーしながら、テレビを見ながらなど普段の生活に習慣として取り入れられると、頭皮の血流改善に効果的です。

頭皮の角質層の保湿力を高める方法

角質を乾燥させない・外側から保湿することを意識します。
この時にできることがシャンプーの見直しと育毛剤・養毛剤の使用です。

シャンプーは毛穴詰まりの原因になる皮脂を分解しながら洗浄するものの、皮膚そのものには刺激になりにくい「アミノ酸系洗浄成分の持つシャンプー」を使うようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーは頭皮環境の改善に即効性があり、直接影響します。

育毛剤や養毛剤は、発毛成分とともに頭皮の保湿成分が含まれているものをチョイスするようにします。
例えば、育毛剤の中でも有名なリアップの成分を見てみます。

リアップの成分↓
リアップの成分
こちらが確かに育毛に効果的な成分であるミノキシジルが含まれていますが、頭皮の保湿に効果的な成分はほとんど含まれていません。

さらにピリドキシン塩酸塩が含まれており、これは皮脂の過剰分泌を抑制します。
男性の薄毛の場合、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響により頭皮が皮脂でギドギドしてしまうケースが多いため、皮脂分泌を抑える成分が含まれているものも多いです。

頭皮の乾燥が気になる人の場合には皮脂の分泌を抑える成分の配合されていないものをチョイスすることをおすすめします。

生え際の乾燥対策で薄毛予防

他にも生え際の乾燥が気になったらできることがあります。

洗い方を見直そう

まず、シャンプーの洗い残しが溜まらないように、洗い方に気をつけてください。
シャンプーを洗い流す時、よしOK!と思ってからさらに20秒、シャワーで流すようにしましょう。
生え際は見落としやすい場所なので、これまで以上にすすぎをするようにしましょう。

ただし、しっかりと落とすためにゴシゴシこすると刺激を受けすぎるので気をつけてください。

時間が経っても治らない生え際の乾燥なら皮膚科受診を

自覚できるくらい生え際が乾燥していて、それがなかなか改善しないのであれば皮膚科で見てもらいましょう。
乾燥の影に他の皮膚疾患が隠れている場合もあります。

軟膏などが出れば、それをしっかりと塗るようにしてください。

生え際の乾燥を感じたらすぐケアしよう

実際にチェックをしてみて、生え際が乾燥していると感じたら、すぐにでもケアをしてください。
問題が起きたらすぐに対処することが効果的なのは、何にでも言えることです。
すぐに対処することで生え際の乾燥を遅らせることが出来れば、それだけハゲ・薄毛になる可能性も低くなります。

完全に防ぐことは難しい場合もありますが、進行を遅らせられるだけでも気持ちは軽くなります。
もしかしたらと思ったら、まずは自分の生え際が乾燥していないのかどうかをチェックするところから始めましょう。